HORSE COMPANY
ホースカンパニー
〒071-1560
北海道上川郡東神楽町基線25-20

TEL&FAX
  0166-83-6288

Eメール
horse-company@white.plala.or.jp
TOP 仲間((face) 料金 その他情報  フォトアルバム  メール 

FACE

 


    翔(かける) 雄おす 平成5年生まれ

     リピッツア×トロッター×道産  芦毛あしげ

     8頭のグループをまとめるリーダーです。
     新入りや若い馬にも優しく、今は万天(まんてん)がいつも横にいます。

     若い頃は小障害競技にもでていました。今はもうお爺ちゃんなので引退です。
     真っ白なきれいな馬で小さなギャル達に人気なんですが、残念なことにいつも
     茶色のしみがついています。小屋の中で横になって寝ているんですね。

 

 


    潮音(しおね) 雌めす 平成5年生まれ

     木曽馬×ブルトン道産  河原毛かわらげ

     雌めすなのですが雌2頭、雄1頭を束ねるリーダーです。
     なんといっても魅力的なでっかいお尻がチャームポイント。

     大きな身体に似合わず放牧場入口の60cmのパイプも軽々と飛び越えます。
     実は木曽馬第三春山号のひ孫にあたる血統をもっているんですよ。
     天気の良い日に野良馬になって好きな所で草を食べるのが大好きです。

  

 


    登夢(とむ) 雄おす 平成9年生まれ

     トロッター×道産  黒粕鹿毛くろかすかげ

     潮音(しおね)さん率いるグループ唯一の雄で№2の存在です。
     雌3頭から熱い視線をうけ、もてもてです。

     トロッターが混じっている為か速歩はやあしが得意で駈歩かけあしと変わらない
     スピードがあります。
     夏と冬で毛色が変わるので新しい馬が入った?と思われる方もいるくらいです。
     

  

 


    桜(さくら) 雌めす 平成12年生まれ

     ハフリンガー×道産  河原毛かわらげ

     美人でスタイル抜群、ホームページのTOPページを飾っています。
     登夢(とむ)がお気に入りで近づく萌南(もな)をブサイクな形相で追っかけまわします。

     食物に執着があって餌の時間は両脇馬房の馬に怒りまくっています。
     壁を蹴ったり歯をむいて柱をかじったり、たてがみ振り乱しまるで獅子舞のよう・・・・
     美人が台無しです。残念
     

  

 


    萌南(もな) 雌めす 平成14年生まれ

     アパルーサ×道産  アパルーサ斑あぱるーさはん

     良妻賢母な子育て上手な 長男愛鷹(あしたか) 次男伊吹(いぶき)のお母さんです。
     とても臆病で毎年、隣の森林公園で上がる花火の日は馬房の奥で小さくなっています。

     水や食べ物が欲しいときの仕草が可愛くて左前脚をまげて「ちょうだい」のポーズを
     とります。じっと見つめられてこのポーズをとられるとついつい「はいはい、まっててね」
     と声をかけてしまいます。甘え上手です。
     

  

 


    朝陽(あさひ) おす 平成15年生まれ

     木曽馬  鹿毛かげ

     お客様をお迎えするのが上手です。馬房が入口にあるので真っ先に顔を出します。
     仕事はもっぱら丸馬場での専属引き馬要員です。

     良く見ると鼻の先が黒くハート型になっています。木曽馬たちはみんな鼻にハートを
     つけているんですが、正面から見ると目が小さいのでひときわハートが目に付きます。
     外に草を食べに脱走しても素直に馬房に連れ戻されるいい子?です。
     

  



    空汰(そらた) おす 平成15年生まれ

     ブルトン×道産  赤粕毛あかかすげ

     馬房の壁に「いたずらボンズです」の張り紙が目立ちます。
     通りすがり馬房から顔を出しお獅子のように口をパクパクとして人を脅かします。
     怒るときょとんと「何が悪いのさ!」って顔で奥に引込みます。悪気が無いのが困り者。

     そんな空汰にも熱烈なファンがいるんですよ。
     放牧場ではお爺ちゃんから新入りまで誰とでも上手に遊ぶ気のいい奴です。
     

  



    愛鷹(あしたか) 雄おす 平成18年生まれ

     アパルーサ×道産×アメリカントロッター  アパ斑ペイントあぱはんぺいんと

     萌南(もな)さんの長男です。痩せの大食いで食べても食べても太りません。
     水はバケツ2杯が定番、飲む前なぜか必ず首をぶんぶん回します。何なんでしょう?

     ジャンプでは80cmは跳べる「やればできる馬」なんですが放牧場では
     弟の伊吹(いぶき)に追いかけ回されお尻をかじられている情けない兄です。
     馬房の汚し方や餌の散らかし方は親子、兄弟ともにそっくりです。
     

  



    伊吹(いぶき) 雄おす 平成19年生まれ

     アパルーサ×道産×ハフリンガー  河原毛かわらげ

     萌南(もな)さんの次男坊です。ホスカン生まれでお母さんとは全く似ていません。
     お尻に2つ黒い斑点がアパルーサーを受け継ぎました。でもほとんど判りません…

     自分のことを馬だとは思っていないようで人と対等です。引いているといきなり止まり
     なかなか動きません。お兄ちゃん愛鷹(あしたか)も同じ、血筋でしょうか?
     目が大きく可愛いので人気です。人で言えばジャニーズ系ですね。
     

  



    小鈴(こすず) 雌めす 平成18年生まれ

     木曽馬  鹿毛かげ

     背中からお尻にかけて特徴の 鰻線まんせん がはっきりと出たオチャメな女の子。
     両隣の愛鷹(あしたか)桜(さくら)おばさんに喧嘩を売っている元気のいい子です。

     130cmの小柄なんですが60cm位の障害飛越のできる木曽馬なんですよ。
     こっちゃんとかこっぴんと呼ばれていて、美人?というよりチャーミングです。
     前髪がパッツンだったのですが最近少し伸びてお姉さんらしくなってきました。
     

  



    乙羽(おとわ) 雌めす 平成16年生まれ

     木曽馬  鹿毛かげ

     幼名 峯韻ほういん といい、ふるさとの木曽檜に立派な墨文字で刻まれた板があります。
     小さな子供が大好きな、大きな目のキリッとした顔立ちの美人さんです。

     おとちゃんはふるさとを出るときに村の馬頭観音さまにお参りをしみんなで別れの杯を
     交わしお爺ちゃんの謡う正調木曽節で送られた箱入り娘なんです。
     まるでわが子をお嫁に出すような昔から馬を送るときの何とも心温まる慣わしです。
     遠くでお爺ちゃんも見守っていることでしょう。

  



    星龍(せいりゅう) 雄おす 平成18年生まれ

     木曽馬  鹿毛かげ

     何と言っても引き馬の指名ナンバーワンの人気者です。
     最年少2歳の子供さんでも上手に乗せて歩けます。チャームポイントはおでこの白い星!

     そんな星龍も日本の馬、乗馬となると乗り手を試します、なかなかの頑固者で折り合いが
     着くまでは何度でも入口に向かって走ります。いつもとは違う星龍の一面です。
     実は残念なことにおでこの星があるばかりに登録は 日本ポニー なんです。
     でも、血筋はれっきとした木曽馬なんですよ。